島崎くんは自分の事をもっと真剣に考えたほうがいいよ。

うそはうそであると見抜ける人でないと(ブログを使うのは)難しい

カテゴリ: ゲーム

とりあえずやれ!!!!!!

スペルブレイクとは!
今話題のEpicGamesのクライアントで出た今流行のバトロワゲーのことだ!当然無料!
先日ついにソロモードが解禁されたぞ!これで意味不明な行動をとる外人とはおさらばだ!
ソロモードは棒立ちで攻撃してくるヤベェ奴が大量にいる!雑魚狩りするなら今がチャンス!


■武器種の暗記は必要無し!
バトルロワイアルタイプのゲームといえば暗記要素があることで憂鬱を感じるプレイヤーも多いであろう。
ヘムロック?M416?スペルブレイクはそんな悩みは一切無し!
炎武器なら炎レジェンドが一番強くて炎ノーマルが一番弱い!馬鹿でも安心!


■武器種
モードを選択してプレイを押すとまず武器を選択させられる。
buki
まずは武器のレベルについて解説しよう。
プレイヤーはこの中のどれか一つをメイン武器として選んでバトロワに参加することになる。
そして対戦終了時にその武器のレベルが上がる。
レベルが上がることによる攻撃力の上昇などといった効果はなく、タレントと呼ばれるものを開放できるようになる。


■タレント
武器を選んだら次に右下のタレントボタンを押してみよう。
taren
これがタレント選択画面だ。
プレイヤーはマインド(青)、ボディ(黄)、スピリット(水色)の3種を6ポイント以下になるように選択する。
LoLでいうルーンマスタリーのようなもので、これでプレイスタイルを差別化することができる。

肝心のタレントの取得方法は先ほど述べた通り、武器のレベリングだ。
すなわち欲しいタレントのためにやりたくもない武器を選択し、
レベリングする必要がある
ということである!
クソゲー

簡単に取得できて使い勝手のいいタレントは以下の通り。
青:スムーズルーン(ルーン回数+1)
黄:熱情(呪文速度+15%)
水色:渇望(ポーション消費速度+50%)

水色を生命の石(1回蘇生)にしている人が多いですが、
敵にすると厄介だけど自分で使うと弱いって感じ。
つーか3ポイントは重すぎる。けど取りやすいからとりあえず使ってみてもよい。



PUBGがリアル寄り、それをカジュアルにしたのがAPEXだとすれば、
それをさらにカジュアルにしたのがスペルブレイクだ。
雰囲気としてはOverwatchに近い。AIM能力が低いならAIMのそこまでいらない武器を選べばいい。


ちなみにチーターはいます。
僕は開幕高速落下マンとスキルウルトラ連打マンに会いました。
クソゲーかもしれん。


korabo
またふざけたコラボをしていますが、貰えるアイテムが優秀なので是非やりましょう。
なんと今週のメンテまで!実質今日しかないので必要キャラだけパパっと取るのがオススメ。
こましゅせつめい
この「こましゅ」ですが、無敵ペットで10秒ごとに10ほど体力を回復してくれます。
パニも中断しないとのことでペット枠が余っているなら非常に優秀なペットとなります。

このクエスト、アルビーズ北にいくので非戦闘キャラはキツいかもしれません。
アルターがあればよし、最低でもビクトリアス広場あたりの帰還用テレポ石は欲しいです
スタート
まずはビスク中央にいるダイアロスツアーガイドからクエストを受注しましょう。
このとき横にいる「いやしましゅまろ」からゴミを貰えるので欲しいなら受け取っておきましょう。
頭の利

■ビスク中央
0-1

緑がスタート地点。
A
大聖堂1階図書館に2匹。
B
大聖堂2階に2匹。
C
研究所内に1匹。

■ビスク西
0-2
ビスク西
見たまんまミニアルター北に2匹。

■ビスク港
1-1
港1
ギルド前に1匹。
レラン裏
レラン裏に2匹。
本部前
わらげNPCアクセル前に1匹。
baza-
バザー会場ベンチの近くに1匹。
みはり
見張り台に1匹。

■ビスク中央→ネオク山
1-2
この画像いる?

■ネオク山
2
kittinn
キッチン近くに1匹。
銀行
銀行近くに1匹。
芸術
芸術ギルド内に2匹。
次は地下墓地。

■地下墓地
3
ryouri
銀行前、料理NPC近くに2匹。
ryuuzou
南、龍像前に1匹。
家事や
鍛冶屋NPC前に1匹。

次はアルビーズの森、ランダル洞窟。
かなり遠いのでアルターがあるなら使いたい。

■ヌブール村→アルビーズの森
4-1
4-2
弓
弓ギルドの近くに1匹。
期のまわり
木のまわりに1匹。
個やの名kぁ
小屋の中に1匹。

これで全24匹が揃ったはずなのでビスク中央クエストNPCに報告する。
名前
(報告というかアイテム押し付け)
こましゅ
以上で終了です。

当たり前ですがペット3枠を超えると出せなかったので調教師には必要ないでしょう。
いっぱい

■まとめ
コースをまとめておきます。
このコースを使えば
通常キャラ:19分20秒
調和持ちキャラ:16分58秒

でクリアできます。20分あればクリアできると思っていてよいでしょう。

0-1
0-2
1-1
1-2
2
3
4-1
4-2


ご存知の通り12/9(土)に亡者のひとだまを含む3枚のカードがナーフされました。
同時期にハースストーンから新パック「コボルトと秘宝の迷宮」が追加されたこともあり、ライバルズの環境を追えてないという皆さんのために現環境を説明することにしました。

2
まずはひとだまのナーフに注目。
スタッツが5-4から4-4に変更になりましたが、「効果の対象にならない」があまりにも強すぎるのでそのまま採用が継続されています。
ただ攻撃力が4になったことにより「ガチャコッコ」を突破できないだとか、3-5スタッツのモンスターなどが息をするようになったので、今までのようにどのデッキにも採用されるということも無くなりました。

1
マジックフライはコストが変更になりました。
採用されているのはアグロゼシカやバーンゼシカでしたが、アグロゼシカでは持ってくるカードが「メラミ」または「メラゾーマ」に限定されており、5~6ターンに出せば相変わらず強いので引き続き採用されています。しかし2-1-1は余りにも弱すぎるので「わらいぶくろ」や「ふくまねき」に変更されることもあります。
バーンゼシカでは採用されることがほぼ無くなりました。2-1-1で実質ドロー1枚なら「わらいぶくろ」でいいです。

3
レッドアーチャーはまだ評価が安定していません。
狙い撃ちは確かに強いですが、スタッツがかなり落ちたので採用するかしないかという瀬戸際にあるカードでしょう。



次に環境をみていきましょう。
ナーフ前はアグロゼシカの一強、そこにテリー、ピサロがいるという形でした。


■ゼシカ
ゼシカはナーフこそされましたが、一強では無くなったというだけで未だに強いです。
アグロゼシカ、バーンゼシカはTier1といってもよいでしょう。

■ピサロ
といっても現環境最も強いのはランプピサロでしょう。
今まではアグロ環境だったのが少し後ろよりになったことで大暴れしています。

■テリー
コントロールテリーがいなくなり、アグロテリーが登場しました。
ですが現状強いのはやはりミッドレンジテリーでしょう。
ゼシカが減ったことで生き生きとしています。

■トルネコ
ミッドレンジトルネコの評価が高いです。
ピサロを食える?らしいですけど正直よくわかりません。

■ミネア
奇数ミネアが増えました。
アルカナバーストがほとんどのモンスターを一撃で倒せるので盤面を取りやすく非常に強い。
レジェもミレーユ、あるならアンルシアぐらいでいいので簡単で強いデッキならこれがオススメです。
コントロールミネアはめっきり見なくなりました。ピサロが流行ってるので強いとは思うのですが、めっきり見なくなりました。
めっきり見なくなりました。

■ククール
ゼシカが減ったことにより落ち目。

■アリーナ
ドラゴンクエストライバルズ楽しい!



というわけでまとめると、
ランプピサロが非常に強い。
それを狩るトルネコ(?)
ピサロに有利のつくアグロデッキ(奇数ミネア、アグロゼシカ、アグロテリー)
デッキパワーが高いミッドレンジテリー、バーンゼシカ
このあたりがランクに生息していると考えてよいでしょう。


以上です。
よろしくお願いします。



今月はシャドウバース月間だったので馬鹿みたいにシャドウバースやってました。
期待していた大規模大会RAGEは3勝すれば2日目参加だったのに、2勝からの2連敗で初日敗退。
もう一つの大規模大会Grand Prix JCGは予選決勝で負けという悲劇を成し遂げました。
ato
悔しい。

とまあシャドウバース漬けの11月だったのですが、シャドウバースの合間にドラゴンクエストライバルズをプレイしていたところ、すんなりレジェンド(最高ランク)に到達しました。
rezyenndo
11月が終わるまであと今日を抜いても2日あります。
このゲームは2日あればレジェンドになれます。
今日残りでリセマラ、明日明後日でレジェンドに到達することも可能です。
レジェンド到達者には「りゅうおうスリーブ」が貰えます。
リリース初月のレジェ到達記念スリーブはイキれるので是非取りに行きましょう。



■2日でレジェンドに到達するために
まずリセマラです。
リセマラは「わたぼう」を狙いにいきましょう。
wata
わたぼうは手札不足に陥りやすいアグロタイプのデッキとの相性は抜群です。
相手が処理しなければ永遠に相手の顔面にパンチでき、処理したら相手はドロー権利を失うという爆アドカードです。

わたぼうを確保したらデッキを作ります。
dekki
(もしドラゴンガイアを持っているなら採用してもいいですが、レジェンド到達までのレート帯で必要だと感じなかったので私はいれていません)

このデッキをオススメする理由については以下のブログを参考にしてください。
何故あなたはゼシカを使うべきなのか
私もゼシカ、ククール、テリー、ミネアとレジェンドカードが大量に必要なデッキを色々試しましたが、結局アグロゼシカに帰ってきました。アグロゼシカは強い。

デッキを作ったらあとはひたすらランクをまわします。
難しいことは何もありません。

マリガンはモグラかロウソクかモーモンを確保しましょう。
確保できているなら2コスも確保してもよいでしょう。
1コスを2枚確保して、2ターン目1コス+テンションアップもよい動きです。
動きの見通しがたっているときは「亡者のひとだま」も確保します。先攻4ターンのひとだまは強すぎる。
(マリガンに関しては敵によって変えるべきなのであくまでも参考程度で)

あとはマナカーブ通りに出していくだけ、顔優先で殴ります。


気をつけること一覧
・スペルはどうしようもないときかフィニッシュのときに使う。基本は盤面にカードを出す。
・メラゴーストは顔ではなく盤面処理に使う。どうしようもないときは顔に打つ。
・レッドアーチャーは置き得。5ターン目で体力が20以上あるならとりあえず置いてもよい。
・メタルキングの手札に戻る効果を悪用する。最悪こっちの盤面がなくなってもよい。
・3ターン目には「ガチャコッコ」が出てくると思って行動しろ。並べすぎるな。
ひとだまはできるだけ後列に出す。ただしテリーが相手のときはこの限りではない。
・テリーは列指定攻撃をしてくるので後列ばかりに置かないこと。
・ククールはキツイ。


他に読んでおいたほうがいい記事も貼っておきます。

【civilaコラム】ユニットの配置はどこ?対リーダーごとのポイント解説

ひとだまの話

アグロゼシカを破壊する


以上です。
頑張ってください。

11月2日のサービス開始後、シノアリスの悲劇を彷彿とさせる度重なるメンテで実質的なサービス開始が11月6日になってしまったドラゴンクエストライバルズの話をします。

おばあちゃんからの

メンテのお詫びで大量のカードパックチケットが配布されたので
「リセマラだけでもやっておこうかな」
って人も多いと思います、僕のまわりにも結構います。
ただ何を引けばアタリだとか、画像を見せられて「コレで終わりでいい?」って聞かれるのはもうコリゴリなので久しぶりにブログを書くことにしました。次聞いてきた奴は1時間ぐらいかけてねっとり説明するので覚悟してください。


■パターンA「使うデッキを決めてレジェを狙いうつ」
現在強いデッキが
・ミッドレンジテリー
・コントロールククール
・(アグロ)バーンゼシカ

この3つなので、これらのやりたいデッキで使うレジェンドを引いてリセマラを終えるのが一番いいということは明白。

ただ、ミッドレンジテリーとコントロールククールはサービス開始直後ということもあってまだ構築が固まっておらず、デッキによって採用レジェンドが違うので詳しくは書けません。Twitterで「ミッドレンジテリー」とかで検索すると僕の考えた最強のデッキが出てくるので自分で見てください。
ただ経験則で言うと、僧侶には「ベリアル」、どちらのデッキにも「りゅうおう」と「ゾーマ」は強いので積極的に採用したほうがいいと思いました。「アンルシア」も強いので持っているなら採用したいですが絶対ではないです。

・(アグロ)バーンゼシカ
アグロよりのバーンゼシカ。
「りゅうおう」とか「ゾーマ」とか採用してるバーンゼシカもあるんですけど、アグロよりなら「わたぼう」だけで作れます。
やることもテンション上げて火の玉を顔面に投げるだけなんで簡単。オススメです。


■パターンB「レジェをいっぱい手に入れる」
単純にレジェの枚数が多ければリセマラを終了するという方法。
やりたいデッキが決まらないだとか、闘技場に籠もりたいっていうならオススメです。
ただレジェ分解時に貰える錬金石が700のくせに錬金には3000必要なのであまりよくはない。



結論
・リセマラでは「りゅうおう」「ゾーマ」「アンルシア」を狙え。
・ククール(プリースト、ビショップ)がやりたいならそれ+「ベリアル」が必要。
・「わたぼう」は爆アドカード。これだけでゼシカもできるぞ。
・「ガボ」「グラコス」「ゴールデンスライム」あたりも強い。

以上です。
ちなみに僕は「奇数ミネア」とかいうデッキで戦っています。
デッキの一番上が奇数だったら強い、偶数だったら弱いってデッキで、奇数36枚偶数4枚ですが肝心なときに偶数が出てよく詰んでいます。Esportを味わえるのでドMな君にオススメです。
やり直せるならミッドレンジテリーで作り直したいです。今日はここまで。



このページのトップヘ

/