シャドウバース、通称「萌え萌え坊主めくり」
糞課金運営として名高いCygamesの唯一の良心にして、
良課金ゲーから生み出される運ゲーの極みはあらゆる人々を死へと誘う。

Rageとかいうでっかい大会に当選したんで、最近は胃に違和感を覚えながらこのゲームをまわすことが多く、Twitterでパルスのファルシのルシがパージでコクーンみたいな呟きを繰り返すことが多くなってきました。

坊主めくりをやってない人からしたら「何いってんだコイツ」状態になっていること間違いないと思います。僕もFGO?とか艦これ?とかブロックしようかと真剣に悩みましたからね。あ、艦これは60分お絵かきが気持ち悪すぎてブロックしてました。


以上、前置きはこのあたりにしておいて本編に入りたいと思います。
今流行りのデッキがどういうことをしてくるのかを簡単に解説したいと思います。
シャドウバース自体に興味が持てない奴は以前書いたこの記事でも読んでろ。 



■ランプドラゴン
PPと言われる行動限界を引き上げるカードを大量に入れて、強いカードで相手を殺すデッキ。
ゼルとかいう、味方に疾走をつける(出したターンに動けるようにする)カードが実装されたせいで強いカード+ゼルで1ターン13点とかいう意味不明バーストを叩き出せるようになった。持ち点は20点なので、コレをされると7点しか残らないのですが、ドラゴンにはちょうど7点削れるカードが大量にあるので現状最強。環境トップ。

LoL民にわかりやすいように説明すると、専用のCullを大量に積んできたと思ったら、こっちがIEとPD完成するころにFull Buildになってるみたいな感じです。


■ミッドレンジネクロ
骨の貴公子とかいう味方全員に「死んだときスケルトンを出す」効果をつけるカード+1枚で複数体フォロワー(モンスター)を出せるカードが増えたことによって、盤面が0になりにくくなったデッキ。そして場の味方全員の攻撃力を+2させるとかいう魔将軍・ヘクターを出すことで、とんでも火力を叩きだすことができます。

LoL民にわかりやすいように説明すると、味方全員にSionのPassiveを付けて4体のSion死体がつっこんで来たと思ったら、そいつら全員にインチキBuffがついて殴り殺されるみたいな感じです。


■イージスビショップ
9コスカード「ヘヴンリーイージス」を主軸としたデッキ。
ヘヴンリーイージスはカードの効果無効、ダメージ無効とかいう「僕の考えた最強カード」なので出されるとどうしようもありません。
また、全体除去カードであるテミスやバハも無効化するので、イージス+全体除去で守護も関係なく相手をぶん殴ることができます。イージスが出るまでに勝負を決めるか、さらなるパワーカードで相手を沈めるかのどちらかになります。

LoL民にわかりやすいように説明すると、Nasusのスタックが1000になったらダメージとCCが効かなくなる感じです。
なので味方はNasusを必死で介護します。敵のNasusのスタックが1000になったらNasusは無視してバックドアでタワーを殴ることしかできません。
 

■エルフ
昆虫王者ムシキングと狼+矢で20点バースト狙ってきます。
前環境とやること変わってない


今のデッキはこれぐらいです。
ミッドレンジロイヤルやら、アグロヴァンプやらいますけど、まだ開発が進んでないのもあって正直この3つには勝てないと思います。 
ちなみにイージスはよく見ますけどあんまり強くはないです。

次は今のメインメタである、ドラゴンとネクロのデッキと行動について考察したいと思います。
むしろこれがやりたいがために、この記事を書いたまである。