島崎くんは自分の事をもっと真剣に考えたほうがいいよ。

うそはうそであると見抜ける人でないと(ブログを使うのは)難しい

優勝賞金1億に釣られたプレイヤーのみんな元気かな?
そんな人や坊主めくりから離れたみんなのために、メタを決める大会と言っても過言ではないJCG決勝大会の結果をまとめていくよ。
1月4日~9日までの間に5回も大会が開かれているので、記事は全5回の予定。
今回は第一回大会のまとめを書いていくよ。



決勝大会に進んだデッキは全部で32。
内訳は
ヘクターネクロ 10
土ウィッチ 8
ランプドラゴン 6

イージスビショップ 3
巨像OTKエルフ 2
大型ニュートラルエルフ 1
ネメシス 1
ロイヤル 1

ネメシスとロイヤルはまだメタを追いきれてないのでデッキタイプは不明。
両方ミッドレンジかな?

ネメシス
nemsisu

ロイヤル
roiytaru


これらのデッキのうち準決勝まで進んだデッキが
ヘクターネクロ 3
ランプドラゴン 2
土ウィッチ 1
イージスビショップ 1
ロイヤル 1

ヘクターネクロは準決勝に進んだ4人中3人が持っていったことになる。
分母を見ても第一回大会で最も注目されていたデッキがヘクターネクロということがわかる。


優勝デッキはこちら
A
優勝者がデッキ解説していました。
JCG優勝!『ミッドレンジネクロ&ランプドラゴン』temmy選手が使用した2デッキと本人解説



では続いてヘクターネクロのデッキについてみていこう。
1コスはゴブリンを0,2,3枚採用。
2コスはフォロワー13枚~17枚+ゾンパ3枚一番多かったのは16枚。13枚は異端って感じ。
破魂は2枚が基本みたい。アンドレアルフスを3枚入れてるデッキが多かったのが意外。
スケルトンプリンス、オディール、セレスが自由枠って感じ。
不死の大王、ヘクターは安定の3枚、1デッキだけ不死が2枚だった。
他は特筆すべき点は特になし。

準決勝まで進んだ3つのデッキを並べてみました。
1
優勝デッキは左端です。

ドラゴンにも注目したかったけどめんどくさくなったのでここで終わり。
第2回は明日の昼頃投稿予定。


ご存知の通り12/9(土)に亡者のひとだまを含む3枚のカードがナーフされました。
同時期にハースストーンから新パック「コボルトと秘宝の迷宮」が追加されたこともあり、ライバルズの環境を追えてないという皆さんのために現環境を説明することにしました。

2
まずはひとだまのナーフに注目。
スタッツが5-4から4-4に変更になりましたが、「効果の対象にならない」があまりにも強すぎるのでそのまま採用が継続されています。
ただ攻撃力が4になったことにより「ガチャコッコ」を突破できないだとか、3-5スタッツのモンスターなどが息をするようになったので、今までのようにどのデッキにも採用されるということも無くなりました。

1
マジックフライはコストが変更になりました。
採用されているのはアグロゼシカやバーンゼシカでしたが、アグロゼシカでは持ってくるカードが「メラミ」または「メラゾーマ」に限定されており、5~6ターンに出せば相変わらず強いので引き続き採用されています。しかし2-1-1は余りにも弱すぎるので「わらいぶくろ」や「ふくまねき」に変更されることもあります。
バーンゼシカでは採用されることがほぼ無くなりました。2-1-1で実質ドロー1枚なら「わらいぶくろ」でいいです。

3
レッドアーチャーはまだ評価が安定していません。
狙い撃ちは確かに強いですが、スタッツがかなり落ちたので採用するかしないかという瀬戸際にあるカードでしょう。



次に環境をみていきましょう。
ナーフ前はアグロゼシカの一強、そこにテリー、ピサロがいるという形でした。


■ゼシカ
ゼシカはナーフこそされましたが、一強では無くなったというだけで未だに強いです。
アグロゼシカ、バーンゼシカはTier1といってもよいでしょう。

■ピサロ
といっても現環境最も強いのはランプピサロでしょう。
今まではアグロ環境だったのが少し後ろよりになったことで大暴れしています。

■テリー
コントロールテリーがいなくなり、アグロテリーが登場しました。
ですが現状強いのはやはりミッドレンジテリーでしょう。
ゼシカが減ったことで生き生きとしています。

■トルネコ
ミッドレンジトルネコの評価が高いです。
ピサロを食える?らしいですけど正直よくわかりません。

■ミネア
奇数ミネアが増えました。
アルカナバーストがほとんどのモンスターを一撃で倒せるので盤面を取りやすく非常に強い。
レジェもミレーユ、あるならアンルシアぐらいでいいので簡単で強いデッキならこれがオススメです。
コントロールミネアはめっきり見なくなりました。ピサロが流行ってるので強いとは思うのですが、めっきり見なくなりました。
めっきり見なくなりました。

■ククール
ゼシカが減ったことにより落ち目。

■アリーナ
ドラゴンクエストライバルズ楽しい!



というわけでまとめると、
ランプピサロが非常に強い。
それを狩るトルネコ(?)
ピサロに有利のつくアグロデッキ(奇数ミネア、アグロゼシカ、アグロテリー)
デッキパワーが高いミッドレンジテリー、バーンゼシカ
このあたりがランクに生息していると考えてよいでしょう。


以上です。
よろしくお願いします。



今月はシャドウバース月間だったので馬鹿みたいにシャドウバースやってました。
期待していた大規模大会RAGEは3勝すれば2日目参加だったのに、2勝からの2連敗で初日敗退。
もう一つの大規模大会Grand Prix JCGは予選決勝で負けという悲劇を成し遂げました。
ato
悔しい。

とまあシャドウバース漬けの11月だったのですが、シャドウバースの合間にドラゴンクエストライバルズをプレイしていたところ、すんなりレジェンド(最高ランク)に到達しました。
rezyenndo
11月が終わるまであと今日を抜いても2日あります。
このゲームは2日あればレジェンドになれます。
今日残りでリセマラ、明日明後日でレジェンドに到達することも可能です。
レジェンド到達者には「りゅうおうスリーブ」が貰えます。
リリース初月のレジェ到達記念スリーブはイキれるので是非取りに行きましょう。



■2日でレジェンドに到達するために
まずリセマラです。
リセマラは「わたぼう」を狙いにいきましょう。
wata
わたぼうは手札不足に陥りやすいアグロタイプのデッキとの相性は抜群です。
相手が処理しなければ永遠に相手の顔面にパンチでき、処理したら相手はドロー権利を失うという爆アドカードです。

わたぼうを確保したらデッキを作ります。
dekki
(もしドラゴンガイアを持っているなら採用してもいいですが、レジェンド到達までのレート帯で必要だと感じなかったので私はいれていません)

このデッキをオススメする理由については以下のブログを参考にしてください。
何故あなたはゼシカを使うべきなのか
私もゼシカ、ククール、テリー、ミネアとレジェンドカードが大量に必要なデッキを色々試しましたが、結局アグロゼシカに帰ってきました。アグロゼシカは強い。

デッキを作ったらあとはひたすらランクをまわします。
難しいことは何もありません。

マリガンはモグラかロウソクかモーモンを確保しましょう。
確保できているなら2コスも確保してもよいでしょう。
1コスを2枚確保して、2ターン目1コス+テンションアップもよい動きです。
動きの見通しがたっているときは「亡者のひとだま」も確保します。先攻4ターンのひとだまは強すぎる。
(マリガンに関しては敵によって変えるべきなのであくまでも参考程度で)

あとはマナカーブ通りに出していくだけ、顔優先で殴ります。


気をつけること一覧
・スペルはどうしようもないときかフィニッシュのときに使う。基本は盤面にカードを出す。
・メラゴーストは顔ではなく盤面処理に使う。どうしようもないときは顔に打つ。
・レッドアーチャーは置き得。5ターン目で体力が20以上あるならとりあえず置いてもよい。
・メタルキングの手札に戻る効果を悪用する。最悪こっちの盤面がなくなってもよい。
・3ターン目には「ガチャコッコ」が出てくると思って行動しろ。並べすぎるな。
ひとだまはできるだけ後列に出す。ただしテリーが相手のときはこの限りではない。
・テリーは列指定攻撃をしてくるので後列ばかりに置かないこと。
・ククールはキツイ。


他に読んでおいたほうがいい記事も貼っておきます。

【civilaコラム】ユニットの配置はどこ?対リーダーごとのポイント解説

ひとだまの話

アグロゼシカを破壊する


以上です。
頑張ってください。

このページのトップヘ