島崎くんは自分の事をもっと真剣に考えたほうがいいよ。

うそはうそであると見抜ける人でないと(ブログを使うのは)難しい

お久しぶりです。僕は元気です。
2ヶ月ほど前にFF14をはじめて、毎日楽しく僕はFF14を続けるよ!
近頃FF14をはじめた方や興味を持っている雰囲気を醸し出している方がまわりに多いので、今回筆を取らせていただきました。

僕は色々なMMOをプレイしてきましたが、FF14はさすがというか、やはり完成度が違います。
職ごとのバランスも比較的とれているので、どの職でもオススメできます!
でも機工士と戦士はやめたほうがいいかな、いや弱いわけじゃないんだけどね、うん、弱くない。ただ「戦士はエンドコンテンツに来ないで下さい」ってツイートすると数百単位でRTされてお叱りを受けるからね、怖いよね。職差別はだめだよね、気をつけないと。


そんなFF14、明日(8月2日)FF14コンプリートパックのサマーセールが終了します。
4000円ちょいのこれを買えば今出ているパッチを全て遊べるので、検討している人は今日仕事終わったらコンビニでWEBマネーかAmazonギフト券を買って帰りましょう。
参考程度に書いておくと、僕は新生+蒼天のセットをセール価格4000円で、それとは別に紅蓮を4000円で買いました。
このセールがいかにお得かわかりましたか?今すぐ買いにいきましょう。
厳密に言うと僕は紅蓮を奢ってもらったので購入していません。

http://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/topics/detail/109d78d06df39901701772b9f7bcd2658507d4ab?utm_source=lodestone&utm_medium=pc_banner&utm_campaign=jp_summer2017

購入はここから。Amazonがわかりやすくていいんじゃないかな。
30日の無料期間が付いているのでコレだけでゲームを開始できます。

開始したらモグステーションを検索し、ゲームに誘ってくれた人の登録をしましょう。
お互いにお得なアイテムを貰えます。僕を登録してくれる人はTwitterで声をかけてね。
セールについてくる30日の無料期間は何故かアイテムの配布がないので、
月額を払い始めてからアイテム配布が始まるって言うのは覚えておきましょう。

--------------------------------------------------------------------

サーバーはたくさんあります。
LoLプレイヤーが多いのがMandragora。
FEZプレイヤーが多いのがMandragoraって感じですね。

ただMandragoraは人数が多く、現在新規キャラ作成ができません。
ですが同じワールド内ならPTを組んで知り合いとコンテンツに参加できるので、知り合いのサーバーが過密サーバーなら同じワールドに行けばなんとかなることがあります。

僕は知り合いがCarbuncleにいるのでElementalワールドに作りました。
ElementalワールドのGarudaサーバーです。
これ以上は言いません。この件については触れないで下さい。

--------------------------------------------------------------------

FF14はストーリーがしっかりしていて、ネトゲには珍しく普通に面白いので1から順番にプレイしていくのがオススメです。
しかし現在みんながプレイしているエンドコンテンツ「次元の狭間オメガデルタ編 零式」や「アラガントームストーン:万物」には週の獲得制限があり、ゆっくりプレイしていては差が開く一方です。
そんなあなたに、3000円ほどで購入できる「新生・蒼天ストーリースキップ」というアイテムがあります。
これを使えば紅蓮のストーリーをクリアするだけでみんなと同じ土俵に立てます!

僕は2.0のメインストーリーだけをプレイし、2.1~3.5までをスキップしました。
その僕が宣言します。ストーリースキップは正直オススメしません。ストーリーは飛び飛びになりますし、何より"成長"ができないんです。
FF14はよくできていて新しいボスは昔のギミックと新しいギミックを使ってくることがほとんどです。これはプレイヤーはレベルを上げて新しいボスと出会うたび、新しいギミックを一つずつ学んでいけるようになっているということです。
僕は2.0から4.0へぶっ飛んだせいで、基礎ギミックである「頭割り」や「重み」などを理解していませんでした。
形だけLv70になったところで意味がないとはっきり言えるでしょう。

ただ週制限があるのも事実なので絶対にスキップするなとは言えません。
そのあたりはまわりと相談して決めるのが一番だと思います。
ちなみに僕は余裕ができたら新キャラを作ってストーリーを楽しむつもりです。


以上です。
FF14を購入してください。



試合中に口論になってタイマンやることになったよ。
試合終了後フレンド&個人チャットが来たよ。
B

「これ友達のだから自分のでくるから」
んん?

その後メイン垢らしきアカウントから個人チャットが来ました。
C
逃げられないように本人確認もしておきました。

D

んんww

じゃあな。

HUNTER×HUNTERの連載再開が決定した。
1巻から最新刊である33巻まで再読し、そこで思い出したことがあった。
「そういえばHUNTER×HUNTERの映画結局見てないな」

「なんか映画やってたな」ぐらいの印象しかなかったので調べてみることに。
その結果現在映画は2種類あるということがわかった。
・幻影旅団編~GI編の間の作品である「緋色の幻影」
・GI編~キメラアント編の間の作品である「-The LAST MISSION-」

とりあえず「劇場版HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」から見てみることにしたので、インターネッツで情報を調べてみることに。

どこのサイトでも評価2以下というところからはじまり、
「原作ファンを馬鹿にしている」
「怒りすら感じた」


ストーリーの評価も、
「パラレルワールドだと考えるとまだ納得できる」
というクソアニメ映画によくつけられるコメントがついていました。

それでも自分はどんな映画でも基本楽しめるし、クソ映画だから見ないほうがいいと言われていた「プリンセス・トヨトミ」や「レッドドーン」ですら不愉快な気持ちにはなることなく最後まで見れたので、クソ映画に対する耐性というか、どんな作品でもある程度は楽しめる感性をもっているのでいけると思っていました。

まあもうオチもよめてると思うんですけど、超絶クソ映画でした。
kuraku
上映時間が進むにつれて瞳が深く暗く静かに沈んでいった。

進まない展開、期待はずれの行動、原作と異なる性格のキャラクター。
序盤の飛空挺でのやりとりとかマジで12歳のガキって感じ。マインクラフトとかやってそう。

これ以上書くとネタバレになっちゃうので書きません。
この怒りはしばらくおさまる事を知らない。
sennritu



今回の映画レビューは以上となります。
連載再開までまだ時間もありそうなので「-The LAST MISSION-」の方も見たいのですが、評価が「緋色の幻影」と同じぐらいなのでウチ、心折れそう。。。。






このページのトップヘ